FC2ブログ
2008-10-11

生きていますよ、朝顔。地味、且つ一生懸命に。

2008年の朝顔観察日記、スタートが非常に遅かったため成長が芳しくなくそのまま力尽きるかと思われたが、小さいながらも何とか必死に花を咲かせ始めております。

ええ、10月ですが、何か?



非常に細くて弱弱しいツルを必死にフェンスに這わす朝顔たち(9月16日)



やっとこさつぼみが付く(9月26日)も、開花日にうっかり観察を忘れ、気が付いたらしぼんでいた第1号の花…(涙)



2個同時につぼみが付くも、開花日が我らの結婚式にぶち当たり、またしても観察してもらえずしぼみ気味の花…(10月4日)



やっと開花しているところを撮影。(10月9日)

ああ、大輪朝顔の『紫』、去年は大輪をわんさか咲かせていたというのに今年は花も小型です。



そして『暁の錦』も大輪朝顔のくせに、このような小さい花を…(10月10日)

この暁の錦に至っては、「今更ツル伸ばしてる場合じゃねえよ」とばかりに成長が止まり、この長さのまま適当につぼみを付けて咲かせて天寿を全うするおつもりらしい。


ご近所の朝顔は多少は勢いが収まったもののまだまだ花盛り。ツルも2階に届くまで伸びてるし。

開花は何とか足並みを揃えたようだが、ツルをビヨビヨ長く伸ばせる為にはやっぱり6月には種を蒔かなくちゃいかんのだな。

来年はきちんと6月に種を植えることにするさ。


と云うわけで、今年はこれ以上の開花の盛り上がりを期待できなさそうなので、2008年の朝顔観察日記、これで終わり。
スポンサーサイト



2008-08-24

今頃だけど…朝顔。


ええ、夏休みも残りわずか。オリンピックも終わった。

というのに今頃朝顔戦線に突入している私だ。

…近所の朝顔(狭い道路に面している住宅地の特徴で、やけにどの家も玄関前にみっちり植物植えてる、で朝顔が多し)が毎朝毎朝咲き誇ってて、どうにもこうにも私の『必殺!朝顔育て人』魂に火をつけるのさ。

んでとりあえず、去年収穫した種をふやかして庭に地植えにしてみたら、根こそぎダンゴ虫に食われ…

再度種をふやかしてみたが、ちっともふやけないので数日水没させたのを植えてみたら、どうやら腐り…

今プランターから芽を出しているのは奇跡の生還者ともいうべき発芽した種。

あ、手前のまだ何も出ていない鉢の中には、赤唐辛子さんから頂いたヘブンリーブルーの種が植わっております。

ヘブンリーの種ってば、ちっともふやけてくれなくってですね、こいつも数日水没させてようやくふやけたところで植えたので果たして無事に発芽するのかどうか…

そして何よりの心配は「暑いから9月入っても育つであろう」と思っていた天気があっさり崩れ、まるで10月並みの寒さになっているということだ。

…この朝顔たちは開花まで漕ぎつけられるのだろうか…

波乱含みの今年の朝顔観察日記のスタートである(涙)

2008-02-17

今頃完結!あの夏の朝顔観察日記…


な、何で今頃朝顔記事!?と思われるだろうが、刈り取られ、ツルのまま干されたまんまだった朝顔の種、本日やーっと綺麗に種だけに分類し終わったからである。

やっぱり種の収穫までを記事とせねばならぬのう、と思ったのだ。

夏にあれほど荒れ狂って咲いていた朝顔、種がこれだけ採れましてございます。

荒れ狂って咲いていたのでツルが四方八方入り乱れ、種になる頃にはどの花だったか不明になり、『未決』という新たな品種も登場(笑)

この夏に『未決』の種を植えたら、どの花が咲くかは神のみぞ知る…

栽培していた朝顔、全種に一応種がついたのだが、人気の高かった『ヘブンリーブルー』結局種が1粒しか採れなかったですよ!!

まさに一粒種……あれだけ鬼のように咲きまくっていたのに…

ヘブンリーの種、欲しがっていた方々、すまん。種は自力で買ってくれ。


ふふふふ、他の朝顔育て人、花が終わった後の情報をとんと聞かんが、種はちゃんと収穫しておるのかのう?

収穫した種で、また今年の夏も朝顔を咲かすのじゃ。

それまでこの書庫はしばらくの眠りにつくことにしようかのう…


                   〈2007の朝顔観察日記・完〉

2007-11-01

枯れちまった悲しみに…


この夏、地味に流行った朝顔栽培。しかしこのような状態になりつつもしつこく観察記事をアップしているのは私だけである…

みんな!!お宅の朝顔はその後どうなっているんだ!?人事ながら気になるぞ!!

…ええ、これから開花すると思われる沖縄在住の方、是非朝顔の記事をお願いいたします(笑)

さて、いよいよもって終焉を迎え、種のみになっている朝顔たち。

しかし種が付かずにすっかり息絶えようとしているヘブンリー君がそこにはいた。




ううう、秋口の満開の雄姿はどこへやら。今やすっかり零落してしまっているヘブンリー君。

あれだけ咲き誇っていた花であるのに、種はこの画像の1個だけしか確認できません(涙)

しかもこの種が茶色くなるまでに本体そのものが枯れてしまいそうだ…

というわけで、ヘブンリー君の種を欲しがっていた方々、収穫できませんでした(笑)

来年はご自分で種を買うなり苗を買うなり、模様が違うが『フライングソーサー』という西洋朝顔の種を異様に収穫してしまった夢幻屋さんにねだるかしてください。


このような状態になった朝顔たち、今、また新たな敵が!!

それはアブラムシでもなくハダニでもなく寒気でもなく、うちのおかん。

…新興住宅地住まいの常として、『花は終わったら即引き抜いて捨て、新しいのを植える』という根性が染み付いているおかん。

朝顔の種を獲ろうとしているのに『刈れ~刈るのだ~!!』とうるさい。

…いいじゃないか、玄関先ならさすがにみっともないが物干し場なんだし。


この攻防を知ってか知らずか、朝顔たちはなかなか種が茶色くならないのであった。

そして朝顔記事はまだまだ続くのであった。
2007-10-25

朝顔、いよいよもって最期の時に向かっている…

ちなみに画像は10日ほど前のものです。…今現在激しく終焉を迎えつつありますよ、朝顔は。

ううう、きっと次回で終わりだなあ、朝顔の書庫も(涙)




10月も半ば過ぎから朝顔の葉も黄色く色づき始め、種もミチミチに恐ろしく実っております。




ヘブンリー君、なんだか異様にアブラムシにたかられ、いくら薬剤散布しても効果なし…

…まあ、今はあまりたかれるような花もないからアブラムシも必死なんだろうさ。

しかしそれでも最期の力を振り絞って花を咲かせております。

ちなみにまだ種は付いてません…ホントに間に合うんだろうか、枯れるまでに。




一方、他の3本の朝顔たちにはもれなくびっしりと種が…

種が収穫できるのは嬉しいんだが、ここでひとつ問題が。

みんなしてわさわさ茂り、ツルが四方八方に伸びてくれやがったため、花も葉っぱも枯れかかっている現在、どの種がどの朝顔のものなのかわからなくなりつつある…

ええ、ほぼ確実に来年この種を貰った人が『色が聞いてたやつと違うじゃないかい!!』という、今年私が味わった思いを味わうことになるであろう。

色違い朝顔の悲しみの連鎖は果てしなく続く…




我が家の朝顔で一番の長寿がこの矮性朝顔の吊り鉢植え。

7月頭に買ってきてから断続的にずーっと小さいながらも花を咲かせています。

…もしかしたら室内に取り込んだらもっと長生きするかも。




朝顔の苗と一緒に買ってきたランタナ。

今、こやつが異様に元気いっぱい。

買ってきたときは白、ピンク、黄色の3色しか咲いておらず『七変化』の名前に偽りありだったのだが、肥料を与えたらいきなり色が変化し始めたのだった。

朝顔はもうそろそろ力尽きそうなので、今度はランタナの世話に血道をあげることにするよ。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ