FC2ブログ
2020-09-10

裾除けの下のステテコですら透ける着物に、大居敷当てを、貼る。

―――――――――さて、流水柄着物の受難はまだまだ続く…(笑)


身幅が足りぬので、足し布をされ。

着丈が足りぬので胴はぎをされ。

最終仕上げは『透けまくるので大居敷当てを付ける』。

しかし胴はぎをミシン縫いでやる人間ですよ、あたしゃ。

大居敷当てなんて文字通りサイズが大きいので、手縫いで仕上げたりするもんですか(笑)

IMG_20200909_112658_resized_20200910_075520363.jpg

と云うわけで、今回はこの方の登場(笑)『裁ほう上手』さまでございます。

リキッドタイプの方が接着力は強いが、今回の着物だと裏まで浸みてしまう危険があるのでスティックタイプで。

手抜きは手抜きなんですが、この着物の素材に私が手縫いで居敷当て付けた場合、絶対に歪んで袋になる自信があった。

その点アイロン使う裁ほう上手戦法なら、綺麗にプレスしながら接着するわけなので、歪み、たわみの発生も極力抑えられると踏んだ。

IMG_20200909_112420_resized_20200910_075520925.jpg

大居敷当てには晒しを使用。

大体普通の手ぬぐいサイズ2本分ってところでしょうか。

IMG_20200909_112300_resized_20200910_075519144.jpg

こんな感じの完成を目指す。

IMG_20200909_112904_resized_20200910_075517843.jpg

今回は縫わない(笑)ので、端の始末も裁ほう上手。両端の始末をする。

IMG_20200909_114858_resized_20200910_075519691.jpg

あとはもう、晒しに塗り塗り、アイロン接着、ヌリヌリ、アイロン接着を繰り返す。

IMG_20200909_114808_resized_20200910_075518606.jpg

やっぱり手縫いでは考えられないくらいピシッとしております。

IMG_20200909_120028_resized_20200910_075517224.jpg

んで、貼り終わった状態がこちら。

IMG_20200909_120410_resized_20200910_075516737.jpg

背後から見るとこんな感じ。

うん、まあなかなかよろしいんじゃないでしょうか。

昨日の胴はぎに比べたら全然蛮行ではない(笑)

こんなに簡単だったら、他のスケスケ着物にも同じようにして大居敷当て付けられるなー、と♪



………着物に裁ほう上手で大居敷当てを貼り付けるより、裁ほう上手だけで一切縫わずにマスク作る方が蛮行のような気がする…

だって、着物は滅多なことでは洗わないけど、マスクは洗う…

でもメーカーが作るの推奨してるんだよねえ(笑)

しかしやっぱり水通して洗うものはしっかり縫い、そうでない着物やら帯の場合なら裁ほう上手使ってもいいと思う。



ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

着物と猫とカネコ系 - にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村










スポンサーサイト



2020-09-09

ワタクシ史上、最高の蛮行だと思われる『ぶった切り胴はぎ』を敢行しましたです。

さて、先日の蛮行にも登場したこちらの着物。

IMG_20200908_143419_resized_20200909_084743507.jpg

身幅が狭いので、下前に足し布をして身幅を稼いだ。

しかしこの着物は着丈も微妙に短い。

元よりおはしょり取って着るつもりもない着物ですが、あと2cmくらい長いといいのになーって感じでした。この着丈だとちょっと着付けた時、足首が見えるんですね。

裾の長さの2cmって大きい。

なるべく裾長め、裾すぼまりの方が全身のスタイルが良さげに見えるのです。

と云うわけでかなり悩みましたが、柔らかいけど縦横共に伸びたりしない生地だったので『これなら自力で蛮行加工できるか!?』と思いましてね。

自分が着なくなったら誰か別の人の手に、と思うような着物でしたらばこの蛮行はできませんが、『この着物は自分の手で最終的には荼毘にふしてやろう』と覚悟、失敗してもしょうがないと腹を括って、いざ蛮行。

『ぶった切り胴はぎ』でございます~(笑)

IMG_20200908_143539_resized_20200909_084742210.jpg

まず羽織ってみて、帯で隠れる部分の起点を仕付け糸でマーキング。

IMG_20200908_144211_resized_20200909_084744227.jpg

羽織った状態でマーキングすると、当然斜めの線になりますが、マーキングした部分よりもちょっと下あたりを水性ペン(笑)で線を引いた。この線に沿ってぶった切ります、着物を。

今考えたら、帯で隠れる部分は15cm幅、もっと下に線引いてもよかったな。

IMG_20200908_144333_resized_20200909_084741015.jpg

胴体ぶった切られ時透無一郎状態。

IMG_20200908_144711_resized_20200909_084741598.jpg

つぎ足す布は手ぬぐい。真ん中から半分にしてカット。

IMG_20200908_145119_resized_20200909_084742775.jpg

そして真ん中で縫い合わせる。

IMG_20200908_145538_resized_20200909_084745334.jpg

ぶった切った着物の上半身の背中心、手ぬぐいの縫い合わせた部分を揃えて、背中心を起点に右半分、縫い終わったら再び背中心から左半分、という感じにミシンで縫う、ミシンで!!(笑)

IMG_20200908_150510_resized_20200909_084744796.jpg

上半身部分につぎ足し布が縫い付けられました。

今度は下半身を縫い付ける。

IMG_20200908_150707_resized_20200909_084717580.jpg

同じく背中心を起点にして左右を縫います。

IMG_20200908_151736_resized_20200909_084714980.jpg

手ぬぐいを挟んで上半身と下半身がつながりました!

IMG_20200908_151942_resized_20200909_084718160.jpg

で、裁ちっぱなしになってるところはジグザグミシンで端の始末(笑)

IMG_20200908_152716_resized_20200909_084718711.jpg

裏から見るとこのようにしてつながっておりますが、この手ぬぐいの余った部分。

IMG_20200908_152841_resized_20200909_084716891.jpg

このように衿に沿うように適当に折り込みまして。

IMG_20200908_153935_resized_20200909_084716062.jpg

ざっくり縫う(笑) 折り畳んでる部分があるので、ちゃんと衿としての厚みが出ます。


で、完成したのがこちら!!

IMG_20200908_203032_resized_20200909_084714384.jpg

…多少は歪んでたりたわんでたりしますが、まさかここまで正しい胴はぎに近い形になろうとは思ってもみませんでしたよ…

IMG_20200908_202913_resized_20200909_084715477.jpg

背中側が歪みがひでえ(笑)

しかしこの帯で隠れる部分、基本的にあちこちつまんだり折り込んだり、シワが寄ったり余った部分をいせ込んだりするところなので、このような歪んだ雑な加工でも、着姿の完成形には影響がないという…

完成したものをざっくり羽織ってみて、着丈が伸びただけで、胴はぎ部分があることによる不具合がなかったことに我ながら驚愕しました(笑)

140cm→148cmまで着丈が伸びました!

この蛮行は勇気を出して敢行した甲斐がありました。

この方法使えば救済できる着丈の短い着物が増えるなあ、と。



着物を胴からぶった切るのは帯をぶった切る勇気の比ではないですが、まあ、雑な切り方、雑なミシン縫いってとこが違うだけで、基本的にやってることは本職の悉皆屋さんの胴はぎと同じ。

悉皆の場合は衿を外して衿も足し布で伸ばして、最後にまた衿を縫い付けて綺麗に仕上げてますが、自分だけが着る、しかも帯で隠れる部分なのでどうでもいいのです(笑)

単衣仕立てで、生地が伸びにくい綿とかカタモノであればミシンでダーッと縫えます(笑)

ちなみにこの加工にかかった時間は1時間くらいでした。


この蛮行加工のポイントは『帯で隠れる部分をしっかりマーク』です。

これが甘いと、着付けた時に胴はぎ部分が帯から見えてしまうことに。

着物をぶった切る位置を間違えなければ、後はこのような雑極まれりな加工でも対して問題なかったです(笑)


……足し布に引き続き、胴までぶった切られ胴はぎ、と受難続きのこの着物ですが、安息の日々はまだ来ない。

――――――――次回の蛮行シリーズは『大居敷当て付け』です(笑)


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

着物と猫とカネコ系 - にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村










2020-09-04

身幅の狭い着物に足し布をして着やすくする方法!・2020

―――――――――あれだけ室温30℃越すまではエアコンを付けない生活を送っていたのに…下手すりゃ32℃まで頑張ってた時もあったのに…

湿度に負け、29℃台でエアコンを朝から稼働。…ああ、口惜しや。って何に対して闘いを挑んでいるのか。



さて、昨日の記事の流水柄のシンプルなジョーゼットの着物。

あれ、身幅が狭かったのです。

身幅が狭いともちろん体にきっちり着物を巻き付けられない部分が出るので、腰紐でちゃんと押さえられてない分裾が割れる、着物姿の綺麗な着姿『裾すぼまり』の反対、『裾広がり』になってしまう。

あ、でも今は裾すぼまり一辺倒の時流ですが、ちょっと前までは結構自由に個人の好みで裾広がりのスタイル『壺に着る』という方もおられた模様。

でもやっぱり見た目は裾すぼまりの方が綺麗なので、裾すぼまりに着たいところ。

それには身幅が自分のサイズ以上はないとダメ。

ちゅーわけで、『1回着て気が済んだ』、の着物であれば、そのまま何もせずに密かに処分するところですが(笑)、この流水柄着物は身幅の狭さだけでなく着丈も短いし、小穴もシミもあるけど、それでもどんな夏帯にも合う!!とお気に入りの1枚になったので、できる限り自分が着やすく、見栄えもよくなるよう改造に着手。

IMG_20200902_175554_resized_20200904_082324327.jpg

加工は簡単。下前に足し布をする。それだけ。

多分、手ぬぐい1本を半分に折った幅と長さがあれば充分。

透けない着物であれば手ぬぐいでよろしいかと。

今回のこの着物は透けるので、晒しを使いました。

蛮行お直しの雄としては『手持ちの布おむつ』を使いたいところでしたが(笑)、布おむつは布おむつとしては優秀だったようで柔らかく、生地の目も粗いので、力がかかる部分の足し布として使うにはちょっと力不足でした。

IMG_20200902_175616_resized_20200904_082325036.jpg

この部分に腰紐がかかり、ここを引っ張って着付けをするわけなので、しっかり念入りに縫い付け。

要はここの部分さえしっかり押さえておけば、裾が広がり、割れにくくなるので、裾まで長く足し布をせず、この付近に直角三角形のような布を足して、それで済ますという方法もあるようです。

足し布で幅を稼いだ分だけ脇線がずれますが、背中心、おはしょりの線の大幅のずれ以外は着物の場合、見た目的にどうでもよくないか?(笑)

むしろ裾が割れまくる方が問題だと思う。


と云うわけで、身幅の狭い着物に足し布をして身幅を稼ぐ方法でした。

…以前にも同じ内容の記事を出してるのですが、着物の素材や柄によってもちょっと変わってくる部分があるので『2020』と銘打ってみました。

―――――――しかし私が足し布身幅出しをするのって夏着物だけだなあ…

袷とかの場合、上に羽織とかでそこそこ誤魔化したりできるのですが、夏着物はどうにも誤魔化せないからかしら…

さて、この着物には大居敷当ても付けなくてはなりません。


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

着物と猫とカネコ系 - にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村






2020-09-02

もう何度目かしら?(笑)、落ちぬなら、塗ってみせよう蛮行お直し。

――――――――さて、レジ袋有料化から2ヶ月経ちましたが、家庭内のレジ袋のストック、順調に減っておりますか、奥さん。

…正しい主婦は『レジ袋を丸めて45ℓゴミ袋2袋分くらいは溜め込む』習性があると思うので、日々ゴミ袋として使い続けようともまだまだ残ってると思われますが(笑)

我が家は約3分の1くらい減りました。どんだけレジ袋を溜め込んでるんだよって話です。

しかしゴミ用として最適な大きいサイズの袋からなくなり、半端なサイズだけが残っていくので、近いうちに大きいサイズだけはスーパーで有料で手に入れることになりそうです。口惜しや。

そう云えば崎陽軒の弁当を買った際、何も言わずに普通にレジ袋に入れてくれたので『!?』と思ったらば、崎陽軒の袋はエコ対応のものだったのでした。

…お客の持ち込む袋にぶち込まれたが最後、型崩れ必至なケーキとか弁当類とかはもうお店側でエコ対応な袋を用意したほうがいいんではないだろうか。

原価が高い袋らしいが、その分品物に少しお値段を上乗せする形でもいいと思うんですのよ。

だって絶対頑なに自分の袋でいい、と言い張っていざ崩れようものならクレーマーになるような輩って絶対いるんだしさあ。

…ワタクシ、数年後には結局エコ対応レジ袋を導入して、有料化を取りやめる店が増えてるのではないかと予測しますが。

だって、『あ、やっぱり袋足りないや、頂戴』って他の人のレジ打ってる最中に言ってくるような人も普通に多いし、無料の時ならすぐにさっと渡して終わりでも今はいちいち3円とか10円とかレジ打ちしなくちゃならない。

更に今は自動精算機も多いので、そうなると更に手間が。

自動精算機の導入で手間を省いたのに、袋有料化で更なる手間がかかるのなら、まあ、店側も考えますよね。


と無駄にレジ袋について熱く語ってしまいましたが、蛮行お直しのお話です(笑)

私にはもうお馴染みの蛮行。『落ちぬなら、塗ってみせよう』シリーズ(笑)

…なんだか年1回は披露してる気がしますわ。

毎回手順は同じですが、お直しするアイテムはそれぞれ違うので仕上がり具合も毎回違い、まあ、内容的には同じでも画像的には全然違うのでよろしいかと。


先日の黒地の絽の着物、茶シミが大量だったので、とりあえず自力でシミ抜きを試みる。

IMG_20200829_013239_resized_20200902_085717877.jpg

用意するものはキッチンハイターを入れた小皿と綿棒。

IMG_20200829_005124_resized_20200902_085740154.jpg

とにかく茶シミがまんべんなくいっぱいなので、特に目立つ白抜き部分の茶シミを狙う。

IMG_20200829_005210_resized_20200902_085739505.jpg

ほんの少しくらいは薄くなったようですが、ほとんど落ちませんでした。

と云うわけで、次段階。

IMG_20200829_011858_resized_20200902_085718574.jpg

出ました、アルコールマーカー!(笑)

IMG_20200829_005258_resized_20200902_085740857.jpg

シミの目立つ部分に塗っていきます。

IMG_20200829_010356_resized_20200902_085716310.jpg

本来、このオモダカの葉っぱには色は入ってないデザインなのですが、ここだけは色が塗られております(笑)

色を塗ってもまだシミはわかりますが、それでも白抜き状態での茶シミに比べればまだマシになったかと。

IMG_20200829_005822_resized_20200902_085738754.jpg

これが。

IMG_20200902_100037_resized_20200902_100106824.jpg

こうなる。

IMG_20200829_010443_resized_20200902_085719263.jpg

これも。

IMG_20200829_011257_resized_20200902_085717116.jpg

こうなる。


この着物の場合、茶シミが目立つ場所を徹底的に塗り潰せばいい、と云うものではなく、ある程度バランス見ながらあえて茶シミを残したままにしたりと加減が必要。

綺麗にシミが全部隠れる着物もありますが、今回はデザイン、そして茶シミの分布を考えると『どれだけぱっと見で目視できるシミを減らすか』に重点を置きました。

上前と後ろの裾付近が割と人から見える場所なので、そこらへんを重点的に。

案外袖は、袖口以外は動きに合わせてたわんだりして見えなかったりするものなので茶シミはそのままにしております。



―――――――――これらの加減も熟練の蛮行の匠の成せる技でございましょうか(笑)



ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

着物と猫とカネコ系 - にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村





2020-07-28

アベノマスク、ワタクシ流の活用法。

――――――――…こんだけ世間から叩かれたというのに、またしてもマスクを一部に配布するそうですね…もう何も言うまい。


んで、我が家のアベノマスク。

届くのが滅法遅かった。『今週中に全戸に配布終了』と世間に報道されて『えええ!?まだ来ないよ!?』と言ってたらようやくその翌日届いた。

IMG_20200727_202858_resized_20200728_071138314.jpg

ちなみに1枚は小僧用に学校を通して配布されたもの。こっちは学校単位で配布されてるので1ヶ月くらい早く貰ってます。

大人用とほぼ大きさが変わらんのだが、折り畳まれてるガーゼが1枚少なかった。ってことは使われてるガーゼのサイズがちょっと小さいってことか。

IMG_20200727_203041_resized_20200728_071138795.jpg

で、このマスクの貴重なゴムを取り外す。もちろんこのゴムは手作りマスク用に再利用。

あ、そうだ。

100均でも手芸店でもマスクゴム、一応入荷はしてるようなんですが、これだけはなぜか未だに品薄なんですね。体温計用電池ももう通常に入荷してるってのに、マスクゴムは未だに店では見かけません。

んが、ネットで普通に買えます(笑) むしろ100均よりも割安で。

100均もののゴムの分量って3mくらいしか入ってないと思うんですが、ネットだと10mと多いものの、送料込みで300円以下で売っております。

コロナとの付き合いは今後も続くし、手作りマスクも廃れないと思うので、10mくらいマスクゴムがあっても困らないと思います。

再び感染者が増え続けている今、100均や手芸店を走り回って探すよりもネットでマスクゴムをお買い求めになるのをお勧めします。

IMG_20200727_212108_resized_20200728_071139280.jpg

そして、ゴムを取り外したマスクを筒袖半襦袢の脇汗パット代わりに縫い付けた。―――――以上。

いやー、形状と云い、サイズと云い、素材と云い、脇汗パットに最適だと思ったのよ(笑)



――――――『こんなマスク要らなーい!捨ててやるー!!』とか放言しているおバカさんが先頃までよくいましたが、マスクとして使わずとも、何らかの形で活用しなされ。血税が使われとるのだ。

給付金をスピーディーに決定し、同時にマスク配布も決定してたら世間の反応は全然違っていたと思う。

マスクそのものに罪はない。


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

着物と猫とカネコ系 - にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村





プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ