FC2ブログ
2020-10-15

☆手芸部☆小菊のつまみ細工2輪で、珠世さまかんざしを作る(笑)

――――――――――…鬼滅の映画、普通に公開翌日、夕方からの回ですが映画のチケット取れましたの、奥さん…

あれだけアクセスが集中してサーバーダウンしてた割には、上映回数が増えてることもあり、今はあっさりチケット予約もつながるようで。

ちなみに公開初日の明日、小中高の学生が学校行ってる時間帯の座席は現在でも普通に座席が残ってます(笑)

土日はさすがにかなり座席が減ってるようですが、それでも最寄りのイオンシネマを見る限りでは完売になってる回はまだないなあ。

と云うわけで、大人で観ようとお思いの方は平日昼間に行けば、普通に観られると思います。



さて、昨日の珠世さまコーデに引き続き、小道具の制作をば。

IMG_20201015_085925_resized_20201015_090357177.jpg

ワタクシと滅法相性が悪く、作っても作っても全然綺麗にならない丸つまみで小菊を2輪作りまして。

IMG_20201015_090227_resized_20201015_090357740.jpg

…手持ちの大ぶりの紫の玉かんざしにくっ付けて、終了(笑)

IMG_20201015_090255_resized_20201015_090358263.jpg

このようにかんざしをサンドイッチしております。

ちなみにボンドでくっ付けてるので、必要なくなったら簡単に引っぺがせます。

つるつるした面に、一時的に何かを接着しておきたいのであればボンドがお勧め。

9E9ACBCE6BB85E381AEE58883E3838DE382BFE38390E383AC-203-204-E8A9B1-400x279.png

実物、と云うか設定上のかんざしは彫金の菊付きの玉かんざしなのかな?

こーゆーデザインのものはアンティークかんざしでも見かけませんが。

あ、しまった。私が作ったつまみ細工は花びら多過ぎたわ(笑)


当初『紫の玉かんざしはあるし、菊部分は適当でもいいかー』とか思ってましたが、ネタバレですがストーリーの最後に重要な小道具として出てくるので真面目に作る羽目になった。

それに昨日のアンティーク着物での珠世さまコーデとの釣り合いも考えると、やっぱり真面目に作らねばなるまい…


…そう云えば着物YouTuberのすなおさんは100均材料で珠世かんざしを作っておりましたが、材料費1000円近く使ってる!!その金額なのに、出来がー!!(笑)

いや、ダイソーに小ぶりですが紫の玉かんざし売ってるでしょう…いや、100均の手作りもののデコパーツコーナーに菊モチーフ的なものあるでしょう?と突っ込みたかったが(笑)

ちなみにワタクシの材料費、この玉かんざしは浦和の骨董市で100円(笑) まあ、これは僥倖なので万人には当てはまりませんが、つまみ細工の生地は外した正絹の衿裏なのでタダです(笑)

菊の真ん中の金糸巻き針金はつまみ細工専用のものですが、つまみ細工を量産していた頃に入手したもので、それだって1m180円くらいでした(笑)


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

着物と猫とカネコ系 - にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村










スポンサーサイト



2020-09-27

☆手芸部☆まだ残ってる鬼滅柄生地を使った、丸つまみの菊のつまみ細工。

――――――――…昨日寒くて、とうとう今季初の鍋にしましたわ、奥さん…

しかし同じことを考える人が多かったのか、白菜が売り切れ(笑) 

2軒回って2軒とも売り切れ、1軒なんて『白菜がないならモヤシで代用してやる…』と考えた人多数だったのか、モヤシまでもが売切れていたのだった。

ちなみにうちは白菜使うところをモヤシとキャベツで代用しましたが、特に味に変わりはなかったのでした。最後野菜が足りなくなって冷凍ほうれん草までぶち込みましたが、それでも味わいに大差がない。

市販の鍋の素には推奨野菜が記載されてますが、案外敷かれたレールを無視しても美味しく頂けるのでお試しあれ。


さて、小僧のマスク2枚を作り、ワタクシの半衿を作り、足袋を作り、でもまだ残っているこの生地。

IMG_20200921_010744_resized_20200927_124750290.jpg

と云っても、もうかなり小さい。

このようなサイズになった生地を活用する小物作り。それはつまみ細工。

この市松柄ってのが実につまみ細工を作る上では重宝するのです。

IMG_20200921_010758_resized_20200927_124749208.jpg

まずはこのように正方形のになるようにカット。

柄に沿って切ればいいのですっごく楽。…の割には歪んでるが。

IMG_20200921_010838_resized_20200927_124749767.jpg

で、これを丸つまみにするとこうなるのです。

通常多色使いにする場合は違う色の布を重ねて作りますが、市松柄だと重ね使いしなくても多色使い風味にできるのです。

そして、作った丸つまみの菊のつまみ細工。

IMG_20200923_094219_resized_20200927_124748725.jpg

――――――――うーん、相変わらず丸つまみとの相性が悪いワタクシですわ(笑)

どうにもこうにもいびつです。

…私の作るつまみ細工、特に丸つまみのシルエットが揃わないのは、生地のカットの際に目分量をフリーハンドでカットしているからだと思ってたんですが(普通は3センチ角とか、きっちり測ったものを量産する)、今回は市松柄に沿ってカットしているので、ほぼ大きさが揃っているはずなんです。

でも全然シルエットが揃わない…

作れば作るほど普通は上達するのに対し、作っても作っても一向に上手くならない、それがワタクシにとっての足袋作りと丸つまみでございます…

よりによってその自分と相性がすこぶる悪いアイテムを、同じ生地で短期間に作ろうとは




ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

着物と猫とカネコ系 - にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村










2020-09-21

☆手芸部☆十数年ぶりに手作り足袋を作った…

――――――――…涼しくなってきたので、みたらしさんが添い寝してくれるようになりました(笑)


さて、小僧のマスク用に買った鬼滅の炭治郎柄の緑黒市松生地。

マスクを2枚作り、半衿を作り、まだ微妙に余っていた…

『うーん、このサイズなら、あれが作れそうだ、あれが…』

そう、十数年前の一時期マイブームで、一気に十数足作ったにもかかわらず全く上達せず、履き心地も非常によろしくないものばっかり生産してしまい『……これは私には相性が合わないものである』との結論に達し、その後封印されてしまった小物づくり。

足袋作りでございます…

普通短期間に大量に作り続ければ、大概のものは上手に作れるようになるものでございますが、足袋だけは作れば作るほどその不出来さに心が荒んだ(笑)

でもその当時作ったものは『市販されてない、季節イベント柄』がかなり存在していたので、今現在でも普通に履いておりますが。

…不格好で履き心地が悪い悪い割には頑丈でなかなか破れたりしない

まあ、足袋なんて同じものを毎日のように履かない限りはそうそう破れたりはしないものですが。


で、前置きが長いですが、半端なサイズの生地が余っていたので、長き封印を破り足袋を作ったのですよ。

そして完成したのがこちら。

IMG_20200921_004320_resized_20200921_124852866.jpg

しつこいようだが、柄としてはこの緑黒市松はいい色、いい柄だと思います。

小物としては全然ありだと。

ここまで鬼滅が流行り、瞬時に『あ、炭治郎…』とバレる前であれば、着物に組み合わせてあれば普通にお洒落アイテムとして認識されていたと思う。

ブームが去ってしまったら『今頃鬼滅…』な目で見られてしまうので、こんな真面目に足袋作ることもなかったと思いますが(笑)

IMG_20200921_004418_resized_20200921_124852364.jpg

裏地は桜柄、底布は水玉柄。

お洒落でも何でもなく、とりあえず近場で見つかったものを使った(笑)

ちなみに足袋の出来ですが、十数年のブランクを経ても相変わらず不出来ですよ(笑)

ただ指周りは手縫いでちまちま縫うと割とマシ、になると判明。

昔はとにかく量産するのに燃えていたので、スピード重視で丁寧に縫えば割とマシになるところでもミシンで突っ走っていた。

…今は、このブランクの十数年の間に他にもちまちまとした手間のかかる手芸にも散々手を出したので、ある程度の忍耐力が培われ、『いやああああああ、助けてえええええ(汚い高音)』と思っていた部分がそれほどでもなくなっていた。

何事も経験値でございますな(笑)



――――――つーわけで、足袋作りもまあ、気が向いたら再開してもいいかな、とは思いますが、それでもきっと相変わらず履き心地が悪いものしか作れないだろうと思う。


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

着物と猫とカネコ系 - にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村













2020-08-22

☆手芸部☆蛮行手芸!?手持ちの黒白市松布に色を塗って『鬼滅』風マスクを作った(笑)

―――――――――今さっき、小僧の洗った上履きを干しに行ったら、日陰は涼しい!?

いや、日差しがあるところは暑いんだけど日陰は涼しいような気がしたんですよ、奥さん。

例年この時期になると夕方以降は秋の空気に近くなって過ごしやすくなってくるものですが、今年はなんだか例外のような気がしてましたのよ。

例年ほど顕著ではないものの、それでもやっぱり秋は徐々に近付いてきていると思っていいのでしょうか…

ちなみに今年の十五夜は10月1日、と実に遅いが(笑)


さて、新たなジャンルかも知れない『蛮行手芸』。…と云うか、私の場合リメイク以外に手芸にも、いかんなく蛮行が発揮されてるのが普通なのですが(笑)

―――――――こんな布地が家にはあったんですよ。

IMG_20200819_204143_resized_20200822_121338559.jpg

黒白市松の半衿が欲しくて、バンダナを買ってカットして縫いつないだ残り。

半端なサイズ残ってたので捨てずに取ってあった。

…今となってはマスク作りに最適なサイズの生地でございますわねえ。

と云うわけで、小僧用のマスクを作る。

IMG_20200819_204154_resized_20200822_121340317.jpg

そこでなぜかアルコールマーカー登場(笑)

IMG_20200819_204214_resized_20200822_121339087.jpg

――――――――塗る(笑)

…お分かりですね。鬼滅の炭治郎カラーリングの布に加工しているのです。

いや、ちゃんとした布売ってますが、店頭にあるのはでっかい市松バージョンで、マスク向けの小さい市松バージョンはネットでしか見つからないのですわ。

いや、ネットで買ってもお安いんですが、うちに黒白市松布がある以上、これで炭治郎市松がでっち上げられれば儲けもん(笑)

IMG_20200819_232157_resized_20200822_121337958.jpg

そんで完成した、見た目立派な鬼滅マスク(笑)

規則正しい市松柄のおかげで、私の作ったマスクの中では一番歪みがありません。

IMG_20200820_071116_resized_20200822_121339707.jpg

このアルコールマーカー、洗ってもかなりしっかり色が残ってるものですが、とりあえず洗うとどれだけ色落ちするものか実験してみたら、画像ではあんまり色の差がわかりませんが実物は『青緑→水色』に変化してしまいました。

塗った直後に石鹸で洗ってこの色落ち。

しばらく時間置けばもう少し色が定着するかな?


――――――――明らかに色落ちが激しいようだったら、やっぱりネットで黒緑市松生地、注文しよう…


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

着物と猫とカネコ系 - にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村










2020-08-12

☆手芸部☆頂きものの雪花絞りのあずま袋を解体して、きっちりしたバッグに。

―――――――――暑いでございますわあー …暑すぎて着物が全く着れません。今年は夏着物を着ようと思っていたのにー!!

暑くて元気を取り戻したのは植物だけですが、日日草に立ち枯れ病が発生しております…

日日草って安いし暑さに強い頑丈な花ってイメージですが、案外立ち枯れやすくて移植も嫌うのであっさりダメになる確率も高い。

ハンギングバスケットにぎうぎうに植えてたんですが、梅雨明け以降、刻一刻と株が減っております…


さて、てんてんさんに頂いた、こちらの雪花絞りのあずま袋。

IMG_20200807_235143_resized_20200812_114232654.jpg

絽の生地の雪花絞りをあずま袋に仕立ててあります。

んが、ワタクシもかつて手ぬぐいであずま袋を作って実際使ってみたことがあるのですが、私にはどうにも使い勝手が悪かったのでございます。

なのでせっかくのこの生地を利用して、別のバッグに作り替えます。

IMG_20200808_000703_resized_20200812_114234041.jpg

あずま袋は1枚の手ぬぐいサイズの布から作れるので、縫い目を解くとこのように使いやすい生地に戻ります。

そこそこ大きめのバッグが作れそうなサイズです。

んで、作り終わったものがこちら。

IMG_20200809_004632_resized_20200812_114233264.jpg

10年以上前に今は亡き川越の『栄屋』さんで買った、500円のこの木製のがま口風味?のパーツがようやく使えました。

…これ、持ち手通しの穴が開いてて一見使いやすそうだったんだが、よくよく観察してみれば『これ、この穴に紐通して輪っかにしたもの以外使えないじゃん…』と発覚。

この留め具に遊びが少ないため、この穴の裏に布があると留め具が閉まらなくなるのです。

なので買ったはいいけど全く使ってなかった上に、今後も『これ、どうしよう…』なパーツになる予定でしたが、持ち手部分をギリギリ薄くし、無理矢理留め具を閉めてみたら何とか閉まった(笑)

IMG_20200812_133140_resized_20200812_013212693.jpg

…こんな風に反るけど(笑)

あずま袋のままよりは、断然見栄えする使いやすいバッグになったと思います~

―――――――このバッグに合いそうな浴衣で出かける事は今年はないんだけど…

IMG_20200809_232939_resized_20200812_114233673.jpg

で、余り布による本日の歪みマスク(笑)


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

着物と猫とカネコ系 - にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ