FC2ブログ
2020-01-24

☆手芸部☆帰ってきた行き当たりばったりつまみ細工『いい加減作らねば…から数年で、ようやく作った白梅』

―――――――んまあ、約2年ぶりのつまみ細工ですわよー!!

…もう、ほぼ必要なつまみ細工は作ってしまったし、つまみ細工は組紐ほどは幅広い年齢層に対応できないのでリクエストもないし、極めつけは最後に作ったつまみ細工の半年後くらいにリウマチが悪化(薬飲んでなかった自分が悪い)して指の動きが著しく低下したせいもあり、すっかり埃をかぶっていたつまみ細工道具でありました…

んが。

毎年梅コーデの時期になると『…ああ、髪飾りの梅のつまみ細工…白の大人な感じのものが欲しいなあ』と思うのです。

手持ちのものは自作ではないご立派な品ばかりで京都の「かづら清」のものや、可愛いピンクの房飾り付きかんざしとかで、それはご立派なんだけど、ちょっと大げさで可愛すぎるかな、って感じなんですわ、今のあっしには。

てなわけで『白のシンプルな梅のつまみ細工の髪飾りを作ろう…』と思いつつも、梅コーデを着る際になってようやく毎回思うので、その年の梅コーデには間に合わず、翌年に繰り越し。

もちろんそのまま次の梅の時期までにすっかり忘れ、また『ああ、来年こそは…』を繰り返しておりました。

しかしようやくここで一念発起。

数年越しの野望を果たしましてよ。それがこちら。

IMG_20200124_141858.jpg

……ワタクシ、この梅の形って苦手なんですよねー この5弁の花びらってのがバランスが難しくて、何個作っても上達せず。

だからこそ、あまり梅ものは作りたくなくてズルズルここまで引っ張ってしまったのですが。

しかも今回のは2年のブランクありますし、指の動きも悪いしで、まあ、なかなか苦戦しましたわ

100均ダイソーのくるみボタンの最大サイズのものを土台にしております。

ボタンなので裏には糸通し部分があり、そこにUピン通して髪飾りにしたり、ゴム通して帯留めにもできます。

使った生地は頂きものの端切れ。大きな花柄の染生地ですが、その白い無地場をくり抜いて使っております(笑)

いい感じのアイボリー色なのですわ。


――――――これで数年来の懸案であった白の梅のつまみ細工は作り終わったので、今シーズンからガンガン使いたいと思います

……そして再びつまみ細工道具は深い眠りに入る……


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村









スポンサーサイト



2020-01-19

☆手芸部☆おてがる組紐第50作目・バレンタインデーコーデに、なアポロチョコな小桜源氏組。

…昨日、こちらでもちらほらと雪が降りやがりましたわー

しかし暖冬暖冬とは云うものの、冬はやっぱり寒いと思われます…

そんで暖冬の時の方が雪が降るときはドカっと降るような気が致しますわ。


さて、頼まれものの帯締めでございます。

IMG_20200119_122007.jpg

IMG_20200119_122102.jpg

アポロチョコカラーリングの帯締めとしては2本目(笑)

1本目の時はイチゴチョコ部分の色が、現物と並べて撮ってみたら予想外に薄かった…

なので今回はより近いちょっと濃いめのピンクにしました。

並べると、やっぱりこっちの色の方が正しいアポロチョコでございますな。


ご注文頂いた時期とちょうどダイソーのレース糸の色の品揃えがチェンジする時期が重なったので、このチョコ色レース糸の必要数だけキープして半年以上。

…その後、このチョコ色糸は売ってないので、本当にギリギリの判断でしたわー


ああ、そろそろ冬物が終わり、再びレース糸の時期が巡ってきますわね。…100均ものは早いから。

いつまでもあると思うな、100均レース糸の色揃え。

去年まであった色が、今年あるとは限らない…



ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村










2020-01-10

☆手芸部☆おてがる組紐第45~49作目・調子に乗って量産型二部紐、八つ瀬組。

―――――――時節柄致し方ないとはいえ、今週はあまりにも記事に『お正月』の単語が並びまくるので、ここで少しブレイクな手芸部投入。

…でもお正月がタイトルに入る記事はまだ残っておりますがね…


そのお正月コーデでもちらほら使っていた、自作の二部紐のご紹介でございますよ。

アンティークの帯留めには、二部紐しか通らないようなものが結構ありまして、まあ、二部紐もネットで探せば比較的お安くは手に入るようなんですが、自分で組めるとわかったからには100均レース糸で量産してやるわ、となったのでした。

IMG_20191122_120308.jpg

IMG_20191122_120335.jpg

組み方は八つ瀬組。厚みが出ない平組みなので、このように端を房にしないで切りっぱなしにし、解けてこないよう『裁ほう上手』で糊付け。

どこまでも役立つ『裁ほう上手』様様でございます(笑)

IMG_20191122_114124.jpg

このように、今まで裏から透明ゴムを通してしか帯締めに装着できなかったものでも、ちゃんと通る二部紐です。

IMG_20200110_091558.jpg

そして調子に乗って家にある糸使って片っ端から組んでみたのがこちら。46作目から49作目です。

皆同じ組み方ですが、糸の配置によって線になったり斜め縞になったりします。

よく使いそうなターコイズグリーンの単色ものは、二部紐だけでなく、房付きの三分紐も作りました。


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村






2019-12-18

☆手芸部☆おてがる組紐第44作目・ダークレッド×金ラメ入りアイボリーでシックなクリスマス用小桜源氏組。

――――――――例によって突貫工事でクリスマス用の小物を製作しているワタクシでございます…


クリスマスコーデと言えばニトリ帯でございますが、ニトリ帯ってばご存じの通り、色使いは案外シックなのですよね。

赤が真っ赤ではなく、ワインレッド、ダークレッド。

だからこそ多分、子供っぽくなり過ぎず、ここまで帯として幅広い年代に採用されているのだと思います。

しかし、そのシックな色使いのニトリ帯に正しい赤とか緑の帯締めを合わせると、色の違いが顕著。

しかし、ダイソーにはいい色の糸があったのです…

IMG_20191209_082951.jpg

深みのある暗めの赤。春先以降にレース糸がリニューアルしたときに追加された色です。

…しかし、私が愛用している太さ『#20太』のものが最初からなく、その半分の糸の細さの『#40細』のものしかないんですねー

なので通常の倍の時間かけて糸の用意をしなくてはならないのです… ああ、めんどくさっ!!

IMG_20191209_082925.jpg

しかしご覧のように、ニトリ帯の色と見事に馴染む深い赤。

この色はやっぱり捨てがたいのでねえ…頑張って糸を切って用意し、そして組みましたよ。

IMG_20191218_142836.jpg

IMG_20191218_130120.jpg

――――――――なんだか画像になると『亜雅紗の糸』で組んだ帯締めと大変に既視感(笑)

並べれば一目瞭然で素材感も色合いも違うんですが、イメージ的には同じ方向性ですよねえ。

みた毛が編み込まれているのもお約束ですし(笑)

ダイソーにはこれまたシックでいい色の深緑の糸もあるので、クリスマスカラー三色の帯締めにしてもよかったんですが、それだと本当にクリスマスコーデでしか使えないなあ、と…

こちらでしたらダークレッドのお花に金ラメ入りのアイボリーの組み合わせなので、クリスマスからの正月にも使えますし、他でも色々使えるし(笑)

IMG_20191218_143616.jpg

他のニトリ帯と合わせるとこんな感じに。



―――――――つーわけで、クリスマスコーデ用小物も作り終わったのでコーデを考えようと思います。



ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村










2019-12-14

☆手芸部☆おてがる組紐43作目・頂いた糸を使って金剛組の『まだらの紐』。

―――――――柿を一刻も早く送らねばならなかったんです…

ええ、毎年恒例行事『義父母宅の庭の柿を固いまま速攻でたまさんちに送る』の勃発でありますが、冗談抜きで速攻で送らねばならないのです。…ガリガリに固い柿をお好みのたまさんなので、1日の遅れが命取りになる。

個体差もありますが、たった1日で急激に柔らかくなるものもあれば、平気で5日くらい固いまんまのものもある。

だからとりあえずは何が何でも瞬発力が必要な柿配送行事なわけですが(笑)

…ああ、そういえばこの糸、たまさんから貰ってたんですわねえ…

IMG_20191010_093357.jpg

せっかく送るんだから柿だけでなく、せめてこの糸使って帯締めでも一緒にぶち込んでやるか、と思ったのが運の尽き。想像を絶する戦いが待っていたのだった。

別に急ぐものでなければゆっくり組めたであろうが、なんせ柿の固さの維持のために一刻を争うのです。

スピーディーに組まねばならないのに、遅々として進まぬ『まだらの紐』。

ああ、なんでこんな柄を選んじゃったかなーと泣きが入っても、もう糸を用意した以上は撤退は許されない。

その戦いの結果がこちら。

IMG_20191102_022840.jpg

IMG_20191102_023142.jpg

組み方そのものは非常にシンプル、一気に組めてしまう金剛組。

しかしこの3色の糸を使って組むものは、間違った組み方してないはずなのに柄がどんどん崩れてしまい、やり直してはまた崩れ、を繰り返し、結局諦めて『…いいや、どうせここら辺は隠れて見えないはずだし』ってところはその崩れた柄のまま組み続けられたのだった。

IMG_20191102_022856.jpg

しかし最後の最後になってなぜか綺麗な理想形が出来たのだった(笑)

まあ、この手の柄もの帯締めは、案外その柄のおかげで不手際が目立ちにくいものなので、型崩れしていようともそれほど気にならないものではあるんですが。

…しかし、たまさんはやたらと「なぜかこんな柄になった…」という帯締めを押し付けられてるな(笑)


―――――――レシピ本にこの柄の作り方が載っていて、それが面白い柄だったものだからちょうど必要な3色分の糸もあることだし、と出来心が起きたのがまずかった。

結局丸1日半くらい格闘する羽目になった。…ちなみに同じ組み方でも単色であれば3時間もあれば終わりますよ(笑)

配色にもよるのかも知れませんが、この苦労の割にはそれほど出番がありそうな柄とも思えず(それを押し付ける人でなし)、もう二度とこの柄は組まないと思われます…


そして、何とか柿は固いままたまさんちに届いたのでありました。


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村






プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ