fc2ブログ
2022-08-07

レンタルした初代『涼水金魚』コーデ・その1。普通に浴衣で。

―――――――さて、レンタルした豆千代モダンさんの初代のベージュ地涼水金魚柄セオα浴衣。

3泊4日レンタルでございますので、怒涛のコーデ、怒涛の着姿撮影に追われておりますわ(笑)


まず第1弾は、普通に正しく浴衣としてシンプルに。

IMG_20220805_182412.jpg>

IMG_20220805_182709.jpg

IMG_20220805_182441.jpg

IMG_20220805_182520.jpg

この浴衣だけ買ってたらば、浴衣としてではなく夏着物要員として買うので、浴衣として着ることがまずないと思われます。

そして自分ではまずこの帯は買ってないので、セットでレンタルならではの、ワタクシ的にはある意味貴重なコーデです。

…しかしワンポイントで柄が刺繍されてる半幅は、結構結び方が限定されてしまって使い勝手がよろしくないですなー

同じ理由でふりふの黒猫刺繍半幅も、買ったはいいがほぼ締めておりませんしねえ…

この半幅、長さと色、刺繍の柄配置的にはリボン返しくらいしかいい結び方が思い浮かびませんことよ

そして麻なのでしっかり締まってくれますが、麻なのでシワがガッツリ付きまして、1回で帯を決めないとこのようにシワだらけ~(笑)

こちら、結構使いこなすには難易度高い気がします。

IMG_20220805_182728.jpg

刺繍は可愛い。

…そして浴衣の方は汚れは全くない綺麗なもんなんですが、こちらの半幅は、地味にあちこちにシミ、ございます(笑)

浴衣の方は水で丸洗いできますが、帯の方は芯が入ってる麻の帯なので、洗うとくたくたよれよれになるから難しいでしょうし…

だから基本、あちこちのレンタルものは帯は量産型の化繊の半幅だったりするわけですが、その点少々お高くても、豆千代モダンさんは太っ腹。



いつもお読みくださりありがとうございます

ブログ村に参加しています  応援のクリックをして頂けるととても嬉しいです

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト



2022-08-06

売ってないなら借りればいいじゃない。遂にレンタル!!(笑)豆千代モダンさんの初代『涼水金魚浴衣セット』!!

―――――――過ごしやすくてひゃっほう!でございます。…ええ、本日、3年ぶり開催の隣の市の七夕祭り『機(はた)まつり』に行くんざます。金魚すくいを求めて(笑)

で、衝撃の記事タイトル通りでございます。

――――――遂に借りた(笑)

ええ、あれこれ因縁の豆千代モダンさんの『涼水金魚柄』セオα浴衣。

もちろんショップの方は、その年その年で売るものが違うので在庫はない。

そして初代の色は人気柄なのでたまにメルカリ等で出てきても瞬殺で売れてしまう。

と云うわけで、色が違うけどこれも同じ金魚柄だし…と去年復活した新色のものは、届いてみたらば絶望的な色合いだった(笑)

んが、レンタル浴衣コーナーにはあるのです。初代涼水金魚浴衣が。

で、メルカリ等で常に探してはいましたが、今年は出品されておらず、豆千代モダンさんの方でも今年は復活しなかった(去年ショップとのやり取りで、『お約束はできませんが、今後復活するかも知れません』とのお言葉を頂いているので一縷の望みを捨ててない)。

ええ、手に入るのを待ってたらいつまでかかるかわからんのですわ。

で、自分に問うた。

この浴衣を『所有したいのか?』それとも、『着たいのか?』と。

…ええ、着てみたいんですのよ。

そして冷静に考えてみたところ、私一旦購入したセオαに関しては、びっくりするほど冷淡になるっつーか、1枚大体税込みで4万超えになるというアイテムなのに、購入後はかなり適当な雑な扱いになる(笑)

むしろ500円で買ったアンティークの方が丁重に扱ったりする。

まあ、アンティークはそのお値段で二度と同じものが買える事はないだろう、ってのに対し、セオαは豆千代さんのように毎年売り切ってしまうので再販、メルカリ等で誰かが手放した中古でもない限りは買えない場合もありますが、撫松庵の『芙蓉と黒猫』のように、結局登場してからもう10年くらい、毎年色を変えて出続けていて、着てもいないのにすっかり見飽きてしまった柄もあり、『まあ、普通に買えるよね…』感がある。

なのでお高くても雑な扱いになってしまう。

――――――だったら、もう、レンタルでよくね!?(笑)

で、レンタルですが、セオα浴衣と麻の半幅のセットで1泊2日で6600円、が基本料金。

オプションで付け衿や帯揚げ、帯締めなども借りられますが、それらは500円前後。

そして2泊以上借りたい場合は、1泊に付き500円加算、と豆千代アイテムを全部買い揃えた場合を考えたらば、かなり良心的な価格設定でお得なのでございます。

振袖とか式典用はびっくりするくらいお高いレンタル料金だったりしますが、まあ、どこの業者もそんなもんですし、浴衣もレンタルはどこの業者もそこまで高くは設定できないのでこのお値段なのだと思います。

そして往復送料は2300円、別途にかかります。

浴衣のレンタルで出ている柄は新作ではなくて旧柄ばかりですが、現在売ってない柄がほとんど。

で『柄的にあと何年着られるかわからないけど、着てみたいなあ…』って柄があれば、むしろ買うよりは着たいときにレンタル、の方がお安く済むわけでございます。

と云うわけで前置き長かったですが、レンタルして届いたものがこちら~

IMG_20220805_143959.jpg

基本の浴衣&半幅セットに、オプションで半幅の金魚刺繍とお揃いの、刺繍半衿美容衿も付けました。

ええ、着物として着るのがメインでございますれば、お揃い半衿が格安レンタルは見逃せない。

IMG_20220805_144125.jpg

IMG_20220805_144457.jpg

IMG_20220805_144516.jpg

―――――――ええ、これこそが金魚の色だよおおおお

確かに鮮やかな朱赤系オレンジですが、これ、地色が地味目なベージュってのがいいバランスで、地色が明るかったり淡い色だったりすると割と若い人向けデザインになりますが、この地色の場合は、むしろ大人の方が似合う浴衣だと思われます。

…と云うか冷静に考えて、この金魚の柄、結構リアルで可愛くはない(笑)ので、案外若い人にはウケないかもしれん。

IMG_20220805_144253.jpg

半幅の金魚は可愛いです。と云うかこの半幅が生成り~ピンクのグラデ染めになってて、裏はくすんだオペラピンクとかなり可愛いのでございます。

IMG_20220805_144211.jpg

絽の半衿は麻。半幅と同じ金魚の刺繍です。

で、美容衿、こちらがかなり固くて結構苦戦します

柔らかくて衿芯入れないと無理、って美容衿も多いのに、こちらは異様に固い(笑)

まあ、美容衿だけだと浮くので、半襦袢に安全ピンでくくり付けて使用しますが。

IMG_20220805_144330.jpg

で、レンタル期間が終わったらば速やかに、この袋に入れて返送せよ、とのこと。

…決して安いものでもないのに、こんな簡単に開けられる袋で大丈夫なのかいな

あ、レンタル最終日の消印有効なので焦らなくて済みます。


と云うわけで、ワタクシ、1泊追加の料金が安いので、3泊4日のレンタルをしております(笑)

この間、思いつく限り、体力の限りこの浴衣コーデを着まくる所存なので、まあ、8月中はしょっちゅうコーデだの着姿だのが出てきてうんざりするくらいになるかと思いますが、先に謝っておく(笑)

●おまけ画像●
IMG_20220806_011754.jpg

並べると、本当に公開処刑。



いつもお読みくださりありがとうございます

ブログ村に参加しています  応援のクリックをして頂けるととても嬉しいです

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


にほんブログ村






2022-08-05

ひまわりコーデ・2022で、春日部市のひまわり畑に行きました…

―――――――室温、29・3°ですけどね。普通にエアコンなしで快適でございますわあ(笑)

どんだけ酷暑に体が慣らされていたというのか。ああ、人間のホメオスタシスの偉大さよ。

んで、豪雨による河川氾濫、浸水被害を報告がとても多い夏でございますが、我が家も昨日、うちの前の道路が冠水しました(笑)

いや、豪雨が30分続くと冠水する、まあ、年中行事ではあるのですっかり慣れっこではあるのですが、意外とここ数年は豪雨でも台風でも冠水しなかったのでございます。

んが、昨日の豪雨は、はっきり言って降ってる音からして『それほどでもねえな』って感じ。

豪雨はもっとすごい音が延々続くので。

ところが道路が冠水するのがあっという間でしたわ

雨粒の大きさの割には雨量の密度?が高かったのかしらね。

まあ、冠水しても雨の勢いが弱まればものの10分で池が消失するんですが。

冠水してもスロープが流されないように敷地の高台に上げ、駐車場の車のタイヤ半分くらいまで水が上がってきたら車の移動するだけなんで、特に心配することでもございません。

お隣は以前、留守中に豪雨に見舞われ、うちよりも先に水が溜まる場所にあるため、車が水没しておりましたが…←車半分水に浸かってましたが、エンジン生きてたのでその後数年しばらく乗ってました。ただし車内に入った水の掃除、その後の匂い残りには閉口したそうですが。


さて、ひまわりコーデの着姿でございます。

去年、ひまわり畑が見事な春日部市の古利根川沿いの、『エンゼルドーム』という児童施設の向かいにある公園に、小僧の夏休みが終わって速攻で出かけたんですがね。

……枯れてる、どころではなくてとっくに花が終わって刈り取られて更地になってた……

その数年前、夏休み終了ギリギリに行った時にはかなり終わってましたが、それでも刈り取られてはいなかったことを考えると、夏休み中まではひまわりは植えてあるようです…

で、去年が夏休みの終わり、でもまだ8月中でダメだったので、結構ひまわりの便りも聞かれる夏休み前に今年は足を運んでみたわけでございます…

IMG_20220714_123533.jpg

IMG_20220714_123545.jpg

IMG_20220714_123541.jpg

――――――あんまりだ。

…今年は夏の始めは天候不順だったせいなのか、それともただ単に、お盆に見頃を迎える用に植え時を調整したのか、7月半ばでこの有様。

背丈もまだ半分ぐらいしかありませんでした…

IMG_20220714_123619.jpg

公園内にある周辺散歩ロード案内看板の写真。

ええ、本来であれば見頃の時期はこのようになる。

IMG_20220714_123654.jpg

設置してある自販機も、ひまわり柄のラッピングなのがますます虚しい…

『ええええええ!?今年も去年と同じく往復2時間かけて結局うちの近くのお堂で撮影かよ!?』と絶望しておりましたところ、ふと遠くに黄色いものが密集しているのを発見!!

IMG_20220714_122108.jpg

公園の駐車場、ちょっと離れてるんですが(私はいつも公園の向かいのエンゼルドームに停めてる)、その敷地のはずれのあたりにひまわりが少ないながらも植えられていたのでした。

…うん、やっぱり普通に植えてりゃこんな感じに咲いてるよね。

やっぱり公園の方はお盆時期に満開迎えるように調整して植えてるんだと思う。

IMG_20220714_123203.jpg

ゴッホのひまわりの絵みたいな品種です。

IMG_20220714_122920_2.jpg

IMG_20220714_122452.jpg

IMG_20220714_122517.jpg

IMG_20220714_122612.jpg

IMG_20220714_122549.jpg

IMG_20220714_122807_2.jpg

これでもひまわりに違いないので、躍起になって着姿撮影(笑)

通常のひまわりは真ん中が茶色いですが、このひまわりは全体が山吹色なので、この小道具バッグとの色のコラボっぷりが半端ない。

結果的には良かったってことでしょうか。

IMG_20220714_123145.jpg

足元は白のレース足袋&3cm踵カレンブロッソ。

IMG_20220714_203041.jpg

髪飾りはひまわり柄のとんぼ玉のかんざし。

かんざし置き場としても優秀な富豪猫でございます(笑)



いつもお読みくださりありがとうございます

ブログ村に参加しています  応援のクリックをして頂けるととても嬉しいです

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


にほんブログ村


2022-08-04

最近のお買い物♪~夏帯、いろいろ。~

――――――いやあ、やっとこさ本日、曇り時々雨!!…しかし涼しいのはいいんですが、半端なこの湿気が…

エアコンつけるほどの暑さではないが、この1週間ばかり、常にエアコン稼働で湿気のない快適空間にいたもんだから地味にストレスでございますわー…


さて、夏のアイテムのお買い物はここら辺で打ち止めかしら?…とか思ってると夏の終わりにいいものがドカドカ出品されたりして、来年向けに入手したりする羽目になるので、ここで打ち止めとは思わぬようにしよう(笑)

最近手に入れた夏用の帯でございます~

IMG_20220801_011345.jpg

ヤフオクで4510円、という10円が半端(笑)、な落札価格でございました。

紋紗地にターコイズが効いている(笑)、絞り風の輪つなぎに、朝顔と撫子と桔梗の刺繍の帯。

ターコイズが効いてても爽やかではなく、毒のある妖しげな雰囲気です。

…ああ、そう云えばメルカリで手に入れた半額近くまで下がったので購入した朝顔柄の帯もまだコーデしてないわ

夏は長いようで、着物を着ても生き延びられるであろうって気温の日数は驚くほど少なめなので、急がなくてはなりません。

…まあ、そのせいで毎年9月は単衣ではなく『着残した夏物コーデ消化月間』としているわけですが(笑)

IMG_20220801_011609.jpg

強烈なぐるぐる流水な帯。

メルカリで3500円。 こちらは夏!な感じの帯なのに絽ではないという不思議さ。

これ、かなり長い間お気に入りに入れてたんですよねえ。

人絹特有の色抜けとかが結構見受けられてるので、この柄のオンシーズンも半ばに達すればお安くなるかも、と期待して(笑)

んが、このお値段ではあるものの、この出品者さん的にはかなりお安い部類で、他の出品物は倍くらいのお値段のものも多かったんで、最大限に譲歩してのこのお値段だったのであろう。

数ヶ月見守り続けても一向に下がる気配はないし、そうこうしてるうちにどうしてもこの帯が使いたいコーデが出来たので、結局お値段そのままで購入しました。

あたしゃ、よっぽどぼったくりなものはそもそも買いませんし、値引き交渉は単品購入の時は一切しませんよ。

で、届いたものを見たらば、『あ、これはかなり汎用性が高くて素敵!』となったのでした。

絽じゃなくてももういいや(笑)

この帯が登場するコーデは近日中に登場です




いつもお読みくださりありがとうございます

ブログ村に参加しています  応援のクリックをして頂けるととても嬉しいです

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


にほんブログ村




2022-08-03

ある意味『ふだん着物』の弊害、だったのかも。

――――――先日の『趣味はお金がかかって当たり前。』の続編?な感じの今回の駄文でございます。


えーっと着物の出費を『趣味費』ではなく『被服費』として計上しているから、妙に家計の中での比率を高く感じて罪悪感を感じているのでは?とはワタクシの見解ですが。

ではなぜ、『被服費』に計上してしまうのだろう、と。

で、ざっと見渡しますとね、ワタクシの住まう『アンティーク着物』カテゴリー内では、『きゃー!また買っちゃったあ!!』と騒いではいても罪悪感を感じている方はほとんど見受けられないんですよね。

そして超高級の有名老舗店で全部お誂え、着ていく場所も高級な飲食店やホテル、観劇等のおハイソな場所って方も罪悪感は一切感じておられないように見受けられます。

罪悪感を感じやすい方は、圧倒的に『ふだん着物』、つまり『洋服で出かけるようなちょっとした場所でも着物で!』って方のような気がするんですよ。

ああ、そりゃ、洋服の代わりに着物をスタンダードな衣服として着て活用されてるわけですから、着物=被服費に計上しちゃいますよね(笑)

そして『洋服の代わりに着物着てるんだから、洋服買ってないんだから別にいいでしょ?』とちょっと着物を着ることに対して、世間や家族に言い訳しちゃってるような…

…アンティーク系はそもそもが着物カテゴリーの中でも趣味性の高いジャンルでございまして、着るものではありますが、コレクターズアイテム的な要素もかなり高いので、被服費というよりはやっぱり趣味費に計上してる方がほとんどだと思うんですわ。

そしておハイソ系の方々も、『よそゆき着物』として、よそゆきなのだから上等なものを、ということで、被服費というよりは冠婚葬祭とかの交際費的なカテゴリー兼趣味費、に計上しているのでは。

…ふだん着物の方々は、生活に密着している分だけ、生活費に直に組み込んじゃってる気がしますねえ。

で、普段にまだそれほど着物を着て歩くこともない方であっても、着物を着始めようと思ったきっかけってのが『義母,実母の遺品』とかの頂きもので、『捨てるには勿体ない、売っても二束三文。だったら着てみよう!』ってことだったりすると、そもそものスタートが『勿体ない精神』からなので、まだ自分の中で趣味として消化できてない部分があるだけ、着物着るためにかかる物品等の必要経費は被服費扱いで『うーん…』と罪悪感を感じるのではないかと。

で、意外と『趣味…と言い切れるほどではないんだけど、とりあえずは着てみたいんだよね』って方が多い。

そうなると、やっぱり趣味費でも冠婚葬祭費でも交際費でもないので、被服費に落ち着いちゃうのかなあ、と。


そう考えると被服費から趣味費に切り替えるのって、結構なパラダイムシフトと云いますか、価値観の激変と云いますか、開眼と云うか生まれ変わりと云うか、かなりのパワーを必要としますよねえ(笑)

まあ、手軽なSNSが溢れている昨今、わざわざ着物ブログの文章を読みに来るという方は着物が趣味である、と言い切っていい人だと思いますが(笑)


―――――――しかし、身も蓋もない結論から申し上げますと、『経済力の差』。

経済力があればそもそもが被服費計上であろうとも趣味費であろうとも一切罪悪感なんざ感じません!!(笑)

そして自己肯定感が低いと、被服費から趣味費に切り替えたところで、今度は『たかがこんな自分の趣味にお金、使ってもいいんだろうか…』ってところに落ち着いてしまう。

ワタクシの駄文は目先を変えただけで『なーんだ、そうだったのか!』で前を向ける方には有効ですが、自己肯定感の低さから来る根深い全てにおける罪悪感をお持ちの方には有効ではありません。

そのような方は是非、専門のカウンセラーにご相談なすって下さいませ。

IMG_20220720_084616.jpg

本日の、駄文画像はお馴染み『十万石饅頭』の夏の上生菓子、ひまわりでございます。

…もう、駄文の度に季節の上生菓子を用意しなくてはならない縛りが出来ている…


いつもお読みくださりありがとうございます

ブログ村に参加しています  応援のクリックをして頂けるととても嬉しいです

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


にほんブログ村



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ